2013年12月8日 カテゴリ:未分類 コメント(1)

2013-12-08_143249

前回のブログはかなりいろんな意味で反響がありました。

いい意味でも、悪い意味でも・・・・

通常、自分は基本スタンスとしてコメントは非公開にしてますが・・・・・

 

それでも、今回ゲルググさんと確率重視(225オプ派)のコメントを公開させて頂いたのは、何故か・・・・??

(前回のブログのコメントを見てね!)

ちなみに、章ちゃんも私のブログの内容にかぶる記事を書いてましたのでそこでも

沢山のコメントやメールを頂きました。

 

章ちゃんのブログはこちらね・・・・

2013-12-08_125548

http://fxbot.net/2013/610#comment-368

 

通常、ブログってのは1ブログ、1テーマが基本らしいのですが、今回は自分の見解を

書きますので、2つの事を書いていきたいと思います。

 

さぁ、ココから本題に入りますが・・・

 

先ず、確率重視(225オプ派)さんにですが、答えから先に書きますが・・・

それでいいと思いますよ!

この件に対して、章ちゃんと話しましたが・・・

仮に章ちゃんが、私と初めて出会っていたなら?オフ会などで、出会ったら横に

ベッタリくっ付いて、相手(私)のことも考えずに聞きまくっていると言ってましたwww

 

貪欲に聞きまくる!(自分本位でwww)

 

だから、それで言いと思いますよ、自分も初心者の頃は色んな人に教えてもらった

わけですし、少なからずも間違ってはないと思います!

 

ココからは私が自分の師匠から言われたひと言ですが・・・

ちょっと、失礼な言い方に聞こえるとは思いますが、書いときますね!

 

『アホなお前の頭で必死に考えた結果が、今のお前やろ!

そのアホな頭で今から何か考えて劇的に結果が変わるはず無いやろ!』

 

って事は・・・・

 

出来る人から、教えてもらうって方が早いですし、時間効率はすこぶるいいと思います。

っが、しかし!?

どんなに、人に教えても、本人がやらなければ上達もしません!

知覚動考(ともかくうごこう)

知って、覚えて、動いてから、考える!コレが大事なんですが・・・

 

皆は、知って、覚えて、考えてから、動きますので、中々、結果が出ないんですよ。

順番が逆なんですね、動いてから考える!

 

ですので、この前の宿題を何度も反復してみてください!あのチャートでのエントリーの根拠

ではなく、何故、大陰線になったのか、そこにどんな人の心理が働いたのか?を見ることが

大事ですよ・・・

 

っでないと、チャートの右端でとらえることは絶対に出来ませんから・・・

 

では、この前の宿題をやっていると仮定して、次の宿題を出しておきますね!

図1

チャートを大きく分けて、上記の4つのパターンのエントリールールを言語化して私に

話すことが出来ますか?(ルールの固定化&固定したルールの検証結果)

 

もし、話すことができないなら、上記の4パターンを定義付してください。

 

※ 押し目とは?何をもって押し目と言うのか?

※ ドテンとは?何をもってドテンと言うのか?

※ レンジとは?何をもってレンジと言うのか?

※ ブレイクとは?何をもってってブレイクと言うのか?

 

チャートの中からこれらを抜き出し、仮説を立て、検証してみて下さい!

上の課題をこなしたら、また、コメント下さい!

 

最後にちょっとだけ触れておきますが・・・

 

相場の世界は、そんなに難しくないですよ・・・

例えばですが、スプレッドを考慮せずに上下5Pipsでリミット&ストップを決めると

単純勝率が60%でも勝ちますから(トータルでwww)

 

10回勝負して

勝ちが6回×5Pips=30Pips

負けが4回×5Pips=20Pips

 

結果、差し引きプラス10Pipsはトータルで勝ちになります。

 

まずは、上記の4パターンを定義して、単純勝率60%以上を見つけてください。

それが出来るようになったら、玉操作を覚えて損益をコントロールする技術を

覚えて行きましょう・・・・

 

では。頑張ってくださいね!

 

 

では、次にゲルググさんに・・・・

 

いつも、貴重な意見をありがとうございます。

私にとって、皆さんからのコメントが一番ブログを書くモチベーションになってます。

これからも、よろしくお願いします。

 

では、早速ですが・・・

 

私も、大阪で近畿財務局から投資助言業の許可を取り、総数で何百人の人に指導

してまいりましたが、結果は散々でした!www

 

ゲルググさんの言われるとおり、基本『教えた通りに、ちゃんとやらない!』ってのが

解りました。www

 

結局の所、私の知識・技術を全てをいい意味で盗んだのは章ちゃんだけですwww

まぁ、所詮こんなもんですよwww

 

でも、聞いてください!ゲルググさん!

 

自分はこの世界に入った時に、ビギナーズラックも経験出来ずに、ボロボロに打ちのめされた

経験があるんです。株ではライブドアショックで友達がこの世を去りました。自分も大きな

お金を失い途方にくれた時期もありました。FXで大きな損失といえばリーマンショック

の時、一晩で1000万円を飛ばしましたwww

 

今となれば笑い話ですがwww

今まで、やってきた中で、私は友達と呼べる人達3人がこの世から去りました。

自らの手で・・・(すいません、湿っぽい話で!)

 

普通はそうだと思うんです!普通の人の一生の夢がマイホームを買うのが夢って時代に

一晩で何千万円もの負債を抱えて、正常な意識でいれるほうが不思議なわけで・・・・

 

これ以上は、やめておきますが・・・・

 

以上の経験から、教えて下さい!って頼まれるとほっておけないんです!

コト、相場においては、ちょっとでも自分の言葉や経験が皆さんの役に立てればって気持ちで

ブログを続けていますが、心無いコメントも沢山きますし、気分の悪いことを平気で言ってくる人達や恐喝めいた言葉を送ってくる人達も沢山いてます。でも、 真っ直ぐに自分のことを見てくれてる人達には、ちょっとでもいいから自分の過去の経験が役に立てればって書いてます

 

それでも、人を愛しなさい・・・・

マザーテレサの言葉の心の強さは持ち合わしていませんが

 

それでも、人を愛したい

とは、常日頃から思っております。

 

長淵剛の『JAPAN』って歌の歌詞の一説に

『誰かの弱さを引き上げたいなどと、うぬぼれた己の恥を知れ!』って歌詞がありますが

自分は決してうぬぼれてるわけではありません。少しでも役に立てればって思うだけです

 

なんか、偽善者っぽいですねwww

(ちなみに私はの塊ですwww)

 

偽善者っぽいので、この辺でやめときます・・・・

 

ゲルググさんの過去のコメント(章ちゃんのところ)も読み返して見ましたが・・・

コレは推測ですが、私がやっているやり方にかなり近いものがあるような気がします。

(このゲームの攻略法はこれしかないような気がしますがwww)

 

来年の初めにオフ会をする予定ですので、もし時間が会うようでしたらゲルググさんも

是非参加してください。そこで私は皆さんからの全ての質問に時間が許す限り答える

つもりです。

 

会える日を楽しみにしています。

 

では。今日はこの辺で・・・・

 

下手な文章を長々と読んで頂きありがとうございました。

 

 

  • にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

公式サイトにはテクニカル手法や戦略など役立つ情報が盛り沢山。

2013年12月1日 カテゴリ:未分類 コメント(3)

 

はじめましていつもブログを見ています
下手な自分からの意見で恐縮なんですが

相場での勝ち方を初心者や下手な人に教えるのは
運動音痴に運動を教えるのと同じで
勉強苦手な人に算数や漢字を教えるのとはちょっと違うと思います

スポーツで腕だけじゃなく肩や上半身全体を使ってボールを投げるとか
下半身に力を入れるとかっていう表現があるけど
運動音痴はそれを説明されても実践出来ない
(やって見せても無駄なんです、
身体がその動きをしたことがないから本能的に出来ない)

相場もそれと同じ、どれだけ説明受けても実践を見ても
それを自分で行うためには何をどうすれば良いかわからない人っています
相場で勝つための要領が体得できない人です

これから為替和尚さんが
どういう記事を書いてくれるのか楽しみですが
個人的には運動音痴が逆上がりを出来るようになるまでの感じで
説明を頂けるとありがたいです。

 

んっんんんんんんんん????

そうかっ!運動音痴の人に逆上がりか・・・・!?

あっ!先に挨拶するの忘れてた・・・・・コメント頂きありがとうございます。

 

これからもよろしくね!!

では、本題に戻って、逆上がりが出来るようになるまでの話やねっ!

 

先ず私が人に指導するときに絶対初めに教える事は・・・・・

どのタイムフレームで打ち込むにしてもチャートで必ず見なければいけないポイントは?

 

大陽線大陰線の出現ポイントをチャートから抜き出す

作業をしてもらいます。

 

その作業をした後に、何故そこで大陽線になったのかを一緒に考える事をします。

ここで大事な事は、一緒に考えるってことです。

 

(例)

2013-12-01_202915

この例の場合は大陰線ですけど、大陰線が出来たってことは、そこで急激に

市場参加人数が増えたから、結果、大陰線になったわけですよね・・・・・

 

ってことは・・・・・

 

あるポイントを抜けたら、売りを入れるって思った人が多かったってことです。

 

そこで、疑問に思ってもらいたいのは、どのポイントが皆を売りってクリックしたのか?

って事を自分で考えるところから始める!

 

 

この作業を反復練習し、インプット&アウトプットしていくことをお勧めします。

 

あんまり、いっぱい書いても頭から煙がでると思いますので・・・・・・

 

今日はこれ位にしておきますね!尚、今回も読んでいただいて上記の作業が終わりましたら

また、コメントください。コメント内容を見てから次の宿題を出したいと思います。

 

では、今日はこのへんで・・・・・

  • にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

公式サイトにはテクニカル手法や戦略など役立つ情報が盛り沢山。