前回、前々回につづき・・・・

2013年10月19日 カテゴリ:未分類 コメント(0)

みなさん、沢山のコメントありがとうございます。

みなさんからのコメントは全て読んでますが、個人を特定できるようなコメントも

ありますので、こちらでアップはしません。その辺はご了承下さい。

 

ってことで、始めますが・・・・・

 

とりあえず、前回、前々回の記事に対してかなりのコメントを頂いたわけですが・・・・

内容が難しい!!ってことでしたので、

ヒントとして例題をあげて書いてみたいと思います。

話の内容を解りやすくするために、今回は株の話をしますが、後は応用してください。

 

株には貸借銘柄ってのがあって、FX同様売りからもはいれるのがあるのですが・・・

 

仮に現在100円の株があるとします。

 

104円で信用新規売りを発注します。そして同時に96円で信用新規買いを発注します。

ボラの高い銘柄でしたら、コレくらいの値動きの可能性は高いです。

 

上記の発注が両方約定したら、利益固定です。

8円分の差額の利益固定!!

これは発注する株数の問題にもよりますが・・・

1000株だと8000円

10000株だと80000円

100000株だと800000円になります。

 

後は同時に決済するだけですwww

 

ここから、この株価が200円になろうが10円になろうが利益は固定されてますので

どっちに行こうが、上がっても、下がっても関係は無いんですね!

 

応用編として、この発注を小刻みに入れていくってのもありますし、

片方を外して更に利益を引っ張る、増し玉するってのもありですね・・・???

 

方向を見誤るととんでもないことになりますがwwww

 

では、上記の事例は上手く言った例ですが、仮に104円の信用新規売りが約定した後に

94円の信用新規買いは刺さらなかった・・・・

更に105円・106円・107円とエントリーした瞬間、逆行されたらどうしますか?

 

問題はココなんです!

みなさんの選択肢は、損切ってのが多くの意見でしょうがスキャルピングをする上で

ちょっと逆行されたくらいで直ぐに損切してたら、損切貧乏になってしまいませんか?

 

なら、損失固定させた状態から、玉のバランスを崩して損を小さくするなり、

損失固定から利益にかえるとか色々考える事ができると思うのですが・・・

 

これが一筋縄ではいかなくて、節の見極め方や、シナリオの組み方、増し玉の入れるポイントなど、全てをルール化すると同時に処理する能力も鍛える必要もあります。

 

結論として、上記の内容が理屈で理解し、実践で使えるレベルになると、どうなるのか?

 

上でも下でも、動いてくれたらいいですよ!って感じでエントリーに全てを求めるのではなく

マネージメントで、損益をコントロールできるようになると思います。

 

相場はコントロール出来ないけど、損益はコントロールできるって事になると

この上か下かにしか動かない1/2のゲームの攻略方法は見えて来ると思いますよ。

 

そろそろ、当て屋から卒業しましょ!

何度も言いますが、100%のエントリーは無いですよ、エントリーに躊躇するのは、

エントリーに絶対を求めるからじゃないですか?

 

 

今日はみなさんのコメントに対して、かなりヒントを書いたつもりですが、

解っていただけましたでしょうか?

 

それでも、まだ解らんって方はお会いした時にでも話しましょうね!!

 

 

では今日はこの辺で・・・・

  • にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

公式サイトにはテクニカル手法や戦略など役立つ情報が盛り沢山。

この記事に対するコメント

ツッコミお待ちしております