差はなんだろうね・・・・・・・?

2012年11月26日 カテゴリ:未分類 コメント(0)

 

結局の所、プロと素人の差って何処になるんだろうかって話なんですが・・・

まず、為替(FX)の世界で何をもってプロって言うのかっ?ことですが・・・

プロテストがあるわけでもないので、例えば「今日から俺は専業トレーダーです」って

言ってしまえば、職業・トレーダーとして成立してしまう!!

(勝ってるか?負けてるか?)は別として!!

よって、何をもってプロと素人の差を決めるのかって?ことになりますが

結論として、自動であれ、裁量であれ、相場の世界で儲けてる人のことをプロって

呼ぶしかないわけです!

(なんかアバウトな表現でしか、説明できないが・・・・)

 

では、素人は(為替・FX)で負けてる人ってことで話を進めていきますと・・・・

 

例えば・・・・・・

私の場合、趣味でビリヤードを少々やるんですが、やはりプロは強い!

ビリヤードの世界では、ちゃんとランク付けがされております。

プロ・SA級・A級・B級・C級って感じでランクがあるんですね!

 

いつもプロの試合を見に行ったりすると思う事は・・・・

プロは強い!

A級はうまい!って感じです。

では、何が違うのかってことですが・・・

皆さんに、ビリヤードのゲームで⑨ボールってゲームを説明しますと

ラックが組んである状態から、ブレイクをして①から順番にボールを落としていき、

最後の⑨を落とした人の勝ちってゲームです!

ラックってのはこの状態です!詳しいルールはこちらからどうぞ・・・・・

2012-11-26_142017

ココからが問題で①~⑨までをノーミスで落とした場合、マスワリとかトリキリって

言うんですが、これが意外と一筋縄ではいかないんです!(難しい)

ブレイク後、若い順番で玉落としていくんですが、

仮に①を入れた後に②を入れるために

②を入れやすいところに手玉(白球)をコントロールしなければなりません。

つまり、目先の玉をいれながら、次の球が入れやすいところに手玉を出す!

これをNEXT(省略して、ネキって言う人がはとんどですが)

手玉をコントロールするってことが出来ないと、最後まで①~⑨までノーミスで入れる事

は、ほぼ出来ないってことです。(不可能)ですwww

ただ、手玉をコントロールする技術が、難しく、絶対の場所(点)でコントロールするのは

プロでも毎回できるわけではないんですね!

でも、やっぱりプロはすごい、ゲームの終盤までに、ミスをリカバーしながら、最終

ゲームボール⑨を絶対に自分の入れやすいトコに手玉をコントロールしてくるんです。

この技術がすごい!

(ちなみに自分が入れにくいときは、相手に玉入れにくくするために手玉を別の玉の後ろに隠したりするセーフティーって技術もあります!)

さすがプロって感じ!リカバリーがうまい!

 

なんか、脱線しましたが、私はこのビリヤードってゲームが非常にFXと似ていると

思っています!

 

毎回、エントリーを点で100%の確率で当てることは無理です、しかし玉をコントロール

(玉操作)することで、ミスをリカバーすることが出来るってことがFXで勝ってる人と

負けてる人の差になってくると思います!!

 

ですから、今、みなさんが必死で追い求めてる、エントリーの部分も大事なんですが

それ以上に、100%が無い以上、エントリーで失敗した時にどうやって損失を

リカバーするのかにフォーカスしていくと、もっと違ったものが見えてくると思いますよ。

 

エントリーの検証に注ぐ力の1/3でもいいので、ミスエントリーの対処方(リカバー)を

考えるって事に集中したほうが、結果的にエントリーの根拠が少々甘くても、トータルで

勝てるルールが出来てくるようになりますし、長い目で見た時に一生もんの技術に

なりますよ。

 

最初は損失が出てても、玉操作しながら、全決済したときにはプラスで終われるって

ことは、毎回ストレスを感じなくても!エントリーが少々甘くても、技術でカバーできる

ようになると、これからFX(為替相場)のことで悩まなくていいようになりますよ!

 

ふう~~

ブラインドタッチが出来ない私にとって、これだけ文字を入力すると、結構な時間が

とられてしまいますねwww!これも反復練習ですね、頑張ろうっと!

今日のまとめ・・・・

リカバーする技術を身に付けましょう!でした。

 

では、今日はこの辺で・・・・・・

  • にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

公式サイトにはテクニカル手法や戦略など役立つ情報が盛り沢山。

この記事に対するコメント

ツッコミお待ちしております