コメント頂きました、検証の件について・・・・

2012年11月22日 カテゴリ:未分類 コメント(2)

コメント引用・・・・

今後の動画のupに期待してます。あと検証するならこれは体感しといたほうが

いいことなんかあったら書いてもらえるとありがたいです。

 

 

って事ですが、裁量での場合はインプット&アウトプット(反復練習)するのが

一番早いと思っております・・・

パターン認識するのは、時代に逆行する形にはなりますが、アナログ(紙)で記録

するのが一番いいと思いますよ!

 

紙にプリントアウトして、シナリオ、戦略、何故エントリーしたのか?、

はたまた、何故損切したのかなどを、面倒くさい作業ですが、それをするのが

一番の近道だと思います。。

 

私も以前(昔々)のことですが、株をやりだして間なしのころは、師匠に日足の

4本値を方眼紙に書かされてましたwww(書かされてたって!)偉そうですね!

その当時はそれをする意味がわからなかったからなんですが・・・・・

(そんな面倒くさい事せんでもチャート見ればええやんかって!?)

今となっては、大変、感謝しております!(師匠、ありがとうございます!)

 

今は便利になって、PCの画面をキャプチャーする事が簡単にできますが・・・

それでは頭になかなか入ってこないんですよ!残念ですが・・・

例えば、

長い足が出来た時に、そこで何故急激に足が伸びたのか?など

答えは簡単で、そこを抜ければ買い・売りを待ってた人が多かったって事なんですが

まずは、長い足が出現しているポイントを探して、そこで、何故、急激に足が早く

なったのかを見つける事が出来れば、どのライン(節)が意識されてたのかが解って!

それを抜けたからいっせいに注文が入った=長いローソク足になったと結論がでて

きます!

どの節が意識されてるの?

って事が解るようになってきます!

これは、短い時間軸でも、長い時間軸でも基本になってきます!

ちなみに、ピボットやフィボナッチや直近高値・安値やサポレジやオーダーや

数え上げたら切がありませんが・・・・

 

それらの事が、紙に書き出す事によって、「ん?このパターンって見た事ある!」って

パターン認識能力&判断力が早くなってきます。。

要は、チャートパターンの蓄積が判断材料として、感覚的に判断するのが早くなる!

ってことです。

 

本題に戻りますが、検証についても、色々とあります!

私達の場合・・・・(俺と吉田っちは)

私がやってるトレード手法を完全に自動化することが目的ですので、

より精密な検証を必要とします。

例に挙げると各時間軸でスローストキャス(18・3・3)のレベルラインを20%以下の

状態と80%以上の状態から、ローソク足の切り替わりでエントリーをした場合とか

そこにトレンド系のフィルターをプラスした場合とか、マネージメント(資金管理)を入れた

場合はどうなるのかなど、各自、一つ一つをEA(エキスパートアドバイザー)で作り

こみ、それをデータ化しますので、膨大な量のデーターがありますから、どれとどれを

組み合わせれば勝率があがり、PF(プロフィットファクター)があがるのかを数値を

もって証明し検証することが出来ます。

(だから、適当なロジックやルールを俺に持ってきても玉砕・粉砕しますwww)

 

この部分は、俺らの真骨頂ですので、これ以上は書きませんが・・・・

まぁ、楽しみにしといて下さい!(後10日くらい)www

 

今回、皆さんに紹介しときたいのが、この方のブログ!

こんな感じで、書き溜めていくといいですよって見本みたいなブログですね!

 

31536000秒でFX専業トレーダーになれますか?

 

今年の7月からFXやり始めたみたいですが、きっとこの人強くなると思います!

(ちなみに会ったことも無ければ、話した事もありませんがwww)

 

みなさんも。こうやって手抜きせずにチャートをプリントアウトして、

手書きで書き込む癖をつけましょう!

勝ちたいのなら!

強くなりたいのなら!

 

「富、名声、力。この世の全てを手に入れた男、海賊王ゴールド=ロジャー。
彼の死に際に放った一言は人々を海へ駆り立てた。
「俺の財宝か? 欲しけりゃくれてやる。探せ! この世の全てをそこに置いてきた」
男たちはグランドラインを目指し、夢を追いつづける。世はまさに大海賊時代!」

 

 

PS:どうでもいい話だが、そこらにある成功哲学の本をみるんやたっら、ワンピース

見てるほうがよっぽど勉強になるし、最高の成功哲学書と思うのは俺だけかな?www

  • にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

公式サイトにはテクニカル手法や戦略など役立つ情報が盛り沢山。

この記事に対するコメント

2 件のコメント