絡まった糸のほどくには?

2012年11月19日 カテゴリ:未分類 コメント(0)

絡まった糸のほどくには?

端と端を見つけてからまりを最後までほどいていくだけ。
⇒まったく簡単です。(やるべきことは)

ただね、地味なんよね。誰にでもできるけど。っで、めんどくさいwww

でもなぁ~・・・・・!!

「このからまった糸を最初にほどいたら今日から、あなたが王様!」みたいな大会あれ

みんなおそろしい速さでほどいていきます。その時に「めんどくせー」とかありません。

何故なら「さっさとほどかないとおいていかれる」から。

コツは「無理に引っ張らない」こと。ムキになればなるほど裏目に出るということ。

裏目に出ると?憾め(残念)になります。

っで・・・・

現実の問題はからまった糸の問題!(ひとつづつクリアにするしかない)

例えば・・・・・

「東京から大阪までどう考えても1ヶ月はかかる。。。」
(すんません、適当ですから。実際、歩くとどれ位かかるんでしょうね?)

今の時代ならば2時間半です。飛行機ならばもっと早い。

でも「新幹線」や「飛行機」を「知らない人」は最短で車で5-7時間とか言うでしょう。

ここなんです、ポイントは。

新幹線の2時間半。乗ってしまえばもう短縮化はない。

これは「2時間半かかること」を認めるしかない。

でも「車の7時間」は「車で」から脱却すると一気に時間短縮できる。

どうしても「車で」行かないといけないのか?まったく別の方法で行けないのか?

何かを生み出す時、「それまでなかった物を造る!」という革新的なことか?

「○○を改良しました」という改善か?

大きく分けて「生み出す」「改良」の2種類があります。

人生で9割の人がつまずくのはお金の問題。

お金の問題って「生み出す」系か?「改良、改善」系か?

どちらのアプローチがいいでしょう?

FX(為替)の場合、ほとんどが「改善、改良」でいけます。

ルールを作り・検証して!

(改良・改善)そしてまた、検証作業

ただ、「ひとつづつクリアにしていく」という「物理的な時間」はかかりますがwww

「そんなんじゃ、間に合わない!」って人もいます。

でもそれって「なんで早よ、言わんねん!」ってことになってたりします。

つまり、「手遅れ!」なわけです。1ヶ月前だったら、1年前だったら。

「その本人」以上に「早く問題解決をできる人!」がいて、

「その本人以上にいい案を持っている人!」が世の中にはいます。

 

まず知っておいたほうがいいこと、理解しておいたほうがいいことは

「世の中でお金の知識でうまくいっているのは全体の1割以下」という事実です。

となると10人に相談して1人にあるかあたらないか?の確率でしか、

お金の相談に対していい回答はもらえないということです。

ここを認めたがらない人が多い。

で。。。他の人のアドバイス(いい人からの)を鵜呑みにする。
(だって彼は、彼女はいい人だから⇒でも経済的にうまくいってないけど)

自分で再検証せんかい!!

問題を解くことがおもしろい」と感じれるようになったら楽しいよ!

「ほら、こうやれば。。。できた(* ̄ー ̄)ニヤリ」という
「クリアへの快感!」ですwww

 

ココ最近は、FXの事に関して結構、細かく書いてきたつもりですが・・・

どうなんでしょ?伝わってるのか?どうなのか???????????

 

読み返してもらうと、解るんですが、エントリー・損切・ピラミッテイング・

玉操作・試し玉・増し玉・難平(ナンピン)平均約定値を・・・・などなど書いてきましたが、

これらを読んでいくと解ると思いますが、スキャルピングでエントリールールを作り

利が乗ってる時は増し玉して引っ張るし、逆に行ったらサバキもするし、ナンピンもする

 

結局のところ・・・・・

スキャルピングのルールでエントリーしてますが、利を引っ張ってデイトレードっぽく

なるときもありますよって感じかな・・・(メインはスキャルなのは間違いないが)

まぁ、いずれにせよ!

ドッチに行っても(上でも下でも)いいようにシナリオ組んでるって事です!

全て想定内ってこと!

っでないと、完全自動化は無理ですからwww

色んな場面を想定して組んでいかないと、怖くておちおち寝てれませんからねwww

 

さぁ、明日は吉田っちと、自動トレードの打ち合わせです!(* ̄ー ̄)ニヤリ

  • にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

公式サイトにはテクニカル手法や戦略など役立つ情報が盛り沢山。

この記事に対するコメント

ツッコミお待ちしております