さぁ、玉操作について話しましょ!

2012年11月6日 カテゴリ:未分類 コメント(0)

玉操作をしても、絶対の答えを求めることは不可能なことは知っている!

スキャルピングを極めると、エントリーを点で捕らえるって事に集中してた時期も

あったなぁ・・・

 

だが、どちらにせよ、勝っても、負けても自分を責めるゲームって事を、

深く理解しておかないとこの世界では続かない!

 

一回の勝負に固執しすぎ、一喜一憂してると、体が持ちませんよ!

特に、スキャルピングは!

結構、集中力いりますからね・・・・・

 

さぁ、玉操作について書きましょ・・・・・・・・

 

 

利確した瞬間にそれ以上に飛んでって、

もうちょっと持っとけば良かった!って思うし、

損切が遅れた場合も、もっと早く切ってたらって、自分を責める!

 

勝っても、負けても

自分を責めるゲーム!なんです!

 

だから玉操作(技術)が必要になってくるんですね・・・・・ウンウン!

 

玉操作とは・・・・・

建て玉のテクニックのことで、「利乗せ法」とか、「乗せ商い」とか呼ばれるものがあり

向こうでは、ピラミッディングなどと呼ばれています。

たとえば、相場が上昇しているときでは

「8枚、4枚、2枚、1枚」と

押し目で(プッシュ)買い増していくわけですよ・・・

含み損が増えているときに増し玉する、難平(ナンピン)とは違いますよ!

そして、最後の1枚をセンサーとして、それがストップにかかってしまったら、

利益の出ていた建て玉を全て利食うとか、半分だけ手仕舞うって感じで玉を操作する!

上がってるときは、玉を上に引っ張る!

下がってるときは、玉を下に引っ張る!

ではないです!ちなみに(キャバ嬢に玉操作って何やと思うって?)の答えでした。

(o^ O^)シ彡☆バンバン

(玉をいじるって、ちょっと卑猥な感じがしますが、れっきとした技術です!)

 

ただし「シナリオ通りの方向に相場が動いて、利が乗っている」って事が前提と

なってます!

これが、問題なんですが、どの書籍を見ても、全て「利が乗ってる事が前提」で書かれて

ますし、難しいものが多いです!

林 輝太郎先生!

初めて読んだ時は、昔はチンプンカンプンでしたwww

 

Amazonのリンク張っておきます!誰のページか知らんけどwww

 

つなぎ売買

何度も言いますが、含み損が増えているときに増し玉する、

難平(ナンピン)とは違いますよ!

 

最良のところエントリー建て玉して、最良のところでエグジットするのが理想ですが、

理想どうりにはならない事がほとんどですので、最後の1枚は(センサー)経費として

(損切覚悟)で割り切って、引っ張れるだけ、引っ張るって感じですね!

では、どのくらいの幅で増し玉するのか?
50Pipsとか100Pipsとか一定幅による方法や、
サポート&レジスタンスなどの主要なチャート・ポイント抜けたら増し玉する方法

とか、トレンド・リアクション・システムとも呼ばれるピボットを使ったポイントで増し玉する

方法など、数え上げたらキリがないほど、ありますが・・・・・

 

これを、私の場合はスキャルピングでやります!

サポート&レジスタンスを主に見て、流れに逆らわないように増し玉しながら、

ターゲットラインに届いて、勢いが弱いと感じたら半分決済とかします!

 

最悪、半分決済しといたら、建値までもどっても、チャラですからwww

負けなきゃいいんですよ!

 

ここで、ちょっとだけヒントですが・・・・・!

ブレイクアウトを狙うときに、騙されるかもわからないので、試しに1枚だけ

スパイに確認してもらうこともあります!

でも、そのまま、騙しなしに飛んでったら、初めから厚めに玉、入れといたらよかった!

って思うこともありますwww

 

だから・・・・・・

絶対はないって!

言ったはずやけど・・・・・・・!

 

「シナリオ通りの方向に相場が動いていて、利が乗っている」ことを前提とした

(玉操作)ピラミッディングでした!

次回は、じゃぁエントリーした瞬間ににいったらどうすんねん!って事を

書きますね!

 

では、今日はココまでにしましょ!

  • にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

公式サイトにはテクニカル手法や戦略など役立つ情報が盛り沢山。

この記事に対するコメント

ツッコミお待ちしております