競馬よりFXがむずかしいたったひとつの理由!!

2011年8月28日 カテゴリ:未分類 コメント(13)

 

さすがっ!!吉田っちって感じwwww

実は昨日、東京から、大阪に帰る前に話していたんですが・・・・・・

何故、FXは難しいのか?って事について、話してたんですが・・・

正直、お見事ですwww(説明が完璧です!!)

理路整然としていて、間違いなく、俺には書けない文章力ですwwww

 

ここで、ちょっと吉田っちの紹介を・・・・

俺との付き合いは、4年弱になりますが、

ウチの天才プログラマー&(株)トランスエッジの社長でもあります!!

※ 俺の欲しいものは何でも作ってくれる、ドラエモンみたいな存在です!

 

ココからは、吉田っちのブログ記事より・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日の記事のコメント欄に、競馬からFXに転向した人のコメントがありました。

吉田のまわりにも、競馬とFX両方に手をだしている人や、競馬からFXに転向した人が

何人かいます。シンドロームの会員さんのなかにもFXをやっている人がいます。

いい機会なので、競馬とFXの違いを比較してみたいと思います。

 

(1) 期待値の違い

 

FXは上がるか下がるかなので、期待値は1/2です。

それに対して、競馬はフルゲートで18頭なので、

単勝で1/18、枠連で1/36、馬連で1/152です。

ゲームとしてみた場合、FXのほうが簡単にみえます。

 

(2) 控除率の違い

 

競馬の控除率は25%です。

100円の馬券を買ったらその瞬間に価値が75円にさがります。

あたっても目減りさせられた配当しか来ないので、トリガミという現象が発生します。

FXの控除率に相当するのは、手数料とスプレッドです。また、スリップページなども

これにふくめて良いかと思います。ただし、FXの場合はスキャルピング、デイトレード、スイングトレードなど選択した戦法によって、控除率が大きく変わります。

1回で5pipsをぬくスキャルピングの場合、スプレッドが2.0pipsなら

控除率は40%にもなり、競馬を超えます。

 

(3) 最低賭け金の違い

 

FXは通貨の交換をして、為替差益で利益を得るゲームです。

ドル円が100円の時に買って、110円になったときに売ると、利益は10円です。

これは1通貨しか買わない場合の話です。

このルールで大きく儲けるために、レバレッジがあります。

詳しい話はいろいろと面倒なので、仮に100倍のレバレッジで取引したとします。

その場合、100円で買って110円で売ったばあい、レバレッジ100倍であれば、

1通貨あたりの利益は、10円×100=1000円になります。

しかし、ほとんどのFX業者は1通貨だけの取引を認めておらず、

最低1000通貨の取引を行うことになります。

ドル円の1000通貨は、1000ドルになります。およそ8万円です。

では、1000通貨の取引を行うには、8万円が必要かといえば、そうではありません。

レバレッジがかかっていますので、100倍のレバレッジの場合は、

10ドル=800円あれば取引に参加できることになります。

これは、賭け金として支払うのではなく、証拠金という形で業者に預けて

信用を買う形になります。

競馬の最低賭け金は100円です。100円あれば競馬というゲームに参加できることになります

 

(4) 利益確定、損失確定の違い

 

競馬は締切があります。締切時間のあとに馬券を購入することはできません。

そしてレース後、成績が確定したあとに損益が確定します。

 競馬の場合、賭け金以上の損はでません。いくら儲かったかは、JRAが決めます

損益確定について参加者の意思がはたらくのは、

そのレースにいくら賭けるかというところだけです。

FXの場合は、利益確定も損失確定も参加者自身が決めます

たとえば、1ドル=120円の時に買って、現在のレートが1ドル=77円だとします。

この時点で64%まで価値が下落しているため、ものすごい損失が発生しています。

しかし、証拠金が続く限り、損が確定することはありません。

これが含み損の塩漬け状態です。

逆に1ドル120円の時に売って、現在のレートが77円だった場合は、

かなりの利益が出ていますが、参加者が利益確定をするまでは、

実際にお金になりません(含み益)。

 

■総合的に判断した場合、どちらが簡単か?

 

(1)の期待値的に考えれば、圧倒的に競馬のほうが複雑です

しかし、市場参加者の95%が5年以内に退場させられるという事実から見ると、

FXのほうが難しくなります

 

この違いがどこにあるかわかりますか?

それは、(4)の利確の違いにあります。競馬で損失をコントロールするのは簡単です。

1レースに賭ける金額を管理すれば、全部負けても賭け金以上の損失は出ません

しかし、FXは損失も利益も自分で決めなければならず、

損失を限定するのがきわめて困難なのです。

はじめてFXはした人は、利益確定が自分の意志で決められると知って

ものすごい興奮を覚えます。15分で10万円以上の利益を出すことも簡単にでき、

「FXって簡単じゃん! 俺ってイケてるかも」とうぬぼれるのです。

利確も自分の意志で決めますが、損失も自分の意志で決めなければなりません

損失を自分の意志で決めるこれがどれほど難しいことか!

将棋や囲碁のプロの対局では、どちらかが「負けました」と宣言して決着をつけます。

このときの心理は、内蔵をえぐられるような苦しみだと表現している人もいます。

それほど、自分から負けを認める行為は難しいのです。

 

FXが1/2のゲームであるのに、95%の人間が負け組で、

5年以内に退場させられる事実が、自ら負けを認めることの難しさをもの語っています。

 

もうひとつ罠があります。それはFXは簡単に勝つことができるため、

< u>競馬では難しい高額配当をしとめた時の成功体験が、初心者の段階で刷りこまれてしまうということです。

 

FXではメンタルが大事と言われていますが、

この成功体験をわすれて損失を認めることがメンタルの本質です。

ルールを守ることが、メンタルの本質じゃありません。

というより、ルールを守らせれば勝てるのであれば、機械にやらせればいいだけです。

競馬にもじつはメンタルの問題はあります。

しかし、刷りこまれるほどの成功体験を味わえるのはごく一部の上級者にとどまるめ

クローズアップされないだけなのです。

たとえば、3連単で500万や1000万の馬券をしとめると、

FXとおなじメンタルの問題が出現します。

高額配当がでる三連単が魔物といわれているのはここです。

 

そろそろ結論を書きます。

FXは 「成功体験をわすれて、損を認められない」

これが競馬よりFXを難しくしているものの正体です。

FXに興味のある競馬ファンは、このことを肝に銘じてください。

最後に、それを紹介した動画で締めます。

 

もっと、早く利確も、損切りもできるやろ!!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・引用終了

 

まぁ、結局は、いかに損失を抑えるかが重要やって事です!!

FXは損切りが命!!

っで、俺のスキャルピングのエントリールールは、ウチの弟子や門下生のブログを

読み返していくと、かなりのヒントが書いてあるし、対外のことは書いてaるので

下記のリンクを全部読んで、勉強してください!!

 

為替和尚@FX寺子屋TOP

http://www.kawaseosyo.com/index.html

為替政宗

http://ameblo.jp/mshinauto/

マークくん!

http://ameblo.jp/markinvestment/

為替一休TOP

http://ameblo.jp/kawase-ikkyu/

吉田っちTOP

http://www.yannies.com/

 

みんな、今日はいっぱい読まないといけないから、大変やろうけど、頑張って

FXの勉強してください!!

 

ちなみに・・・・・・・・

今回のセミナーでは、

 

 

山盛り話したいことがありすぎて、困ってますが、

全部、ぶっちゃけますwww

時間の許す限り、全部話しますので、楽しみにしてて下さい!!

 

では、みなさん、最後にコメント&ポチっとなをヨロシクです!

  • にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

公式サイトにはテクニカル手法や戦略など役立つ情報が盛り沢山。

この記事に対するコメント

13 件のコメント